中古車査定テクニック


中古車をいかに高くで売れるかと言うのは、やはり外観がポイントです。
査定士がまず真っ先に目にする訳ですから当然と言えば当然ですね。
ボディの傷やへこみ、タイヤの溝の残り具合、各種パーツやドレスアップの状態なども査定を左右するポイントです。

車の状態もさることながら、ボディカラーも重要な査定ポイントです。
不人気色と比べると最大でも50万近く差がつくと言われています。
主に白や黒が人気色で茶色や緑等と言ったものが不人気色の傾向にあります。

外観以外には、内装の状態も査定において重要です。
外からは目立たない分、普段どのように扱っているかが正直に現れる部分です。
ボディの手入れだけではなく、車内の傷や臭いなどと言ったものにも気を配り常に綺麗にしておくことも査定アップのポイントとも言えます。

車をレジャー利用する機会が多い方は車内や車体のダメージを抑える為に気を使いましょう。
車内にマットを敷く等と言った処置を行い傷や汚れを抑えられるようにできればマイナス査定を極力抑えられるはずです。

また、車内のインテリアにも高級感を出すようなものを用意すれば査定の際には好印象を与える事にも繋がります。
査定のポイントは車種によって変わってきますが、以上のポイントは大抵どの車種にも当てはまります。

基本的には普段から丁寧な運転、操作を心がけてシフトノブやステアリングの劣化を抑える事もマイナス査定を抑えるポイントです。大事に扱ってください。