初心者の中古車査定法


愛車の中古車査定を失敗しないようにするにはまず何が必要かを知る事です。
査定の種類にも『単独査定』と『一括査定』の2種類あり、単独査定の下には更に『下取り』と『買い取り』と言うものがあります。

この中では『下取り』と言う言葉が聞き慣れていると思います。
実際に中古車買い取りで最も利用されている形態です。『下取り』とは今現在の愛車を引き渡すことで新たに購入する車の代金の一部にすることで、『買い取り』はそのまま愛車を現金に換える事です。

そして『一括査定』と『単独査定』にはそれぞれ『買い取り』が存在します。
『単独査定』での買い取りとは、一般的な中古車買取店での通常の『車買い取り』の事を。
『一括査定』での買い取りとは、一回の査定依頼で複数の買い取り専門店を対象にしたオークション形式で見積もりを出すネット上でのシステムを指します。
買取には種類があると言う事を解りにくいかも知れませんが覚えておきましょう。

中古車査定は前述のように『下取り』か『単独査定の買い取り』か『一括査定の買い取り』を選ぶ形になります。
極端な話、一番高く売ろうと考えるなら『一括査定での買い取り』がベストだと言われています。
その理由は先に説明したように複数からの中古車取扱店に見積もりを出し、その中から条件の良いものを選べるからです。
一括査定はネット上で行う見積もり登録作業なので、時間が無い方にも自宅で利用できて、優良な見積もり査定を出してくれる画期的なシステムなので活用をお勧めします。