車の買い替え時はいつか?


車は決して安い買い物ではありません。
ですが消耗品でもある為、いつかは買い替えの時期が来るでしょう。

では、その買い替えの時期はいつがベストなのか?どうすれば損をしないかと言う事を考えましょう。

車買い換えで視野に入れるのはまず『エコカー』でしょう。
一時期はハイブリッド車並に高価な物でしたが、現在では環境を意識した『エコカー減税対象』である為にだいぶ敷居も下がってきました。
車を買い替える際には次に購入する車の価格も気になります。
その購入費を安く済ませる為にも現在乗っている愛車を少しでも高く売れるようにしましょう。

車の買い替えを検討する時頭に浮かぶのは『車検の時期』です。
買い替えを考えるなら、車検を通す前が当然ですね。
その他にも『税金』や『原油』価格の高騰などを懸念する人も多いと思われます。
車検の時期とは違ってこれらは予測が難しく検討材料にするには不確定要素が多すぎます。
昔から『車検代と修理費用が車体の購入費用の1/2に達した時』が買い替え時とも言われています。
基本的にはこれを目安に考えて購入を検討していくと良いでしょう。
実際にこの時期を超えて長く乗ってしまうと故障が増えて、維持費も重なっていく上に車体の下取り価格もだんだん下がっていくと言う結果に繋がります。

車によほどの愛着を持たない限りは、高額下取りが見込めるうちに3、4年くらいですぐに乗り換えていった方が費用が安く済むケースもあります。
買い替え時は主に『車検の時期』、『車検代と修理費用が車体の購入費用の1/2に達した時』を主に考えていくと良いでしょう。
それ以外の要素はその時の情勢にも左右されるので、ケースバイケースで考えてください。